姓名判断

人気の「の」で終わる女の子名前20選【2020年版】

生まれてきた赤ちゃんが女の子の場合、人気のある女性タレントや花といったものから名前をつける親も多いと思います。

男の子の名前と比較して、漢字が一文字もしくは三文字で表す場合や、ひらがなで表現するものが多いといった特徴があります。

ここでは、「の」で終わる名前をリストアップするとともに、有名人や人気の文字などを紹介します。

「の」で終わる女の子名前一覧

  • 綾乃(あやの)16画
  • 詩乃(うたの)15画
  • 梅乃(うめの)12画
  • 花乃(かの)9画
  • 琴乃(ことの)14画
  • 紫乃(しの)14画
  • 鈴乃(すずの)15画
  • 理乃(りの)13画
  • 千代乃(ちよの)10画
  • 月乃(つきの)6画
  • 望乃(のの)13画
  • 春乃(はるの)11画
  • 陽菜乃(ひなの)25画
  • 姫乃(ひめの)12画
  • 文乃(ふみの)6画
  • 穂乃(ほの)17画
  • 由紀乃(ゆきの)16画
  • 夢乃(ゆめの)15画
  • 佳乃(よしの)10画
  • 莉乃(りの)12画

名前が「の」で終わる有名人やドラマ、アニメキャラクター

  • 木村佳乃(女優)
  • かたせ梨乃(女優)
  • 渡辺明乃(声優)
  • 南條愛乃(声優)
  • 指原莉乃(タレント)
  • 高坂桐乃(俺の妹がこんなに可愛いわけがない)
  • 高鴨穏乃(咲-saki- 阿知賀編)
  • 杉浦綾乃(ゆるゆり)
  • 一ノ瀬野乃(ひとひら)
  • 永光基乃(バレーダンサー)
  • 横山通乃(女優)
  • 安野希世乃(声優)
  • 大原優乃(タレント)
  • 鈴木裕乃(女優)
  • 加弥乃(女優)

止め字の「の」で人気の字は?

「の」で終わる女の子の名前では、乃という漢字を入れるケースが多数を占めますが、野といった漢字を使う場合もあります。

綾や陽といった可愛らしさを表す漢字が、女の子の名前としてよく使われていますが、名前に「の」を付けると、日本人に馴染み深い古風な印象を与えます。

名前自体が持つ可愛らしさに加えて、おしとやかさも強調されるため、多くの有名人につけられているひらがなという特徴もあり、比較的覚えやすいといったメリットをもたらします。

「の」と組み合わせて使われる漢字には、春や秋、冬といった季節に関係するものがある他、紫といった色などもあります。

芸術性が高い詩や知的なイメージを与える理といった印象を持つ漢字の後ろに、「の」をつけるケースも目立っています。

また、由紀や千代といった2文字で表現できる名前の後ろにも、しばしば「の」をつける親が存在します。

このように、女の子につけやすい漢字と組み合わせた上で、「の」をつけるケースがよく用いられます。

「の」に使われる漢字の代表となる「乃」は、2画と比較的少ないため、綾など、10以上の画数を持つ漢字と一緒に使用されます。

圧倒的に乃が多い

名前の最後に「の」がある女の子は、「乃」という漢字を用いられるため、一般的におしとやかな印象を与えます。

名前の後ろに「の」がつく女性の有名人が比較的多い事情もあり、親が比較的つけやすい名前という側面も持っています。

季節や色、知的なイメージを持つ漢字と組み合わせて、「の」といった名前をつけるケースが多く存在します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です